自己紹介

PROFILE

はじめまして、鍼灸師の久保和也(くぼかずや)です。

数あるブログの中から当ブログをご覧いただきありがとうございます。

私は現在、押上スカイツリー前にて鍼灸院を2店舗経営しております。

ざっくりですが、経歴は下記のとおりです。

  • 2021年6月:鍼灸治療の真髄「経絡治療」を習得
  • 2021年9月:クボ鍼灸院を開業
  • 2022年4月:日経ヘルス春号「お風呂でツボゆらし」記事監修
  • 2022年4月:月商100万円達成
  • 2023年5月:PRESIDENT誌が選ぶ最高の技術と情熱をもつゴッドハンドとして紹介される
  • 2023年8月:著書「10秒で自律神経が整うツボゆらし」発売
  • 2023年11月:月商200万円達成
  • 2024年1月:世界中医薬学会連合会アレルギー疾患専門委員会理事に就任

この記事では僕がなぜ治療家をやっているのか、どんな治療家なのかということを書いていきたいと思います。

「鍼灸師の久保って誰?どんな奴なの?」

と興味を持ってくれた方は最後まで読んでいって下さい。

治療家をやっている理由

答えはシンプルです。

困っている人を救いたいから!

以上。

という感じなのですが、、

さすがにこれだけだと「ふざけるな!」と言われそうなので、もう少し話ます。

本気で治したい

突然ですが、あなたは自信を持って「治します!」と患者さんに言えますか?

ちなみに僕は、20代後半まで患者さんに心の底から「治します」と言えない治療家でした。

むしろ、本気で治そうと思っていなかったかもしれません。

今思うと情けないですし、治療家として失格ですね。

妻の体調不良

僕が本気で治せる治療家になりたいと思ったのは、妻の産後の体調不良がきっかけです。

当時のことはリジョブの取材でお話しているのでこちらをご覧ください。

今は困っている人を本気で救いたい。

ただただそれだけの想いで日々治療にあたっています。

治療家なので当たり前のことかもしれませんが、どれくらいの鍼灸師が本気で思っていますかね?

僕は全体の2割くらいかなと思っています。

東洋医学や鍼灸を広めたい

鍼灸師に求められていることは「結果」だと思います。

なぜなら、鍼灸院に来られる方は色んなところに行って改善しなかった方がほとんどだからです。

まさに最後の砦として藁をもすがる思いで来院されます。

僕はそんな時に、

「探し出してくれてありがとう」
「もう大丈夫です」

という気持ちになるんですよね。

もちろん、困っている人を救うのは簡単なことではありません。

数回で良くなる方もいれば、半年〜1年かかる方もいます。

それでも、自分が改善しなければ患者さんが一生不幸になると思っていますし、苦戦すればするほど改善した時の喜びは大きいです。

まだまだ成長したい

偉そうなことを言ってきましたが、僕もまだまだ治療家としては未熟です。

今後も成長し続けて多くの人を救っていきたいと思っています。

このブログをみているあなたはどこかで治療をしていますか?

もしあなたが本気で治したいと思っている治療家なら、共に成長して東洋医学や鍼灸を広めていければ嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。